雨の湿度の高い日には肌が痒くなってしまう

2、3日で周期的に変わる天気というのは、春や秋によくあることです。
晴れたり曇ったり、雨が降ったり、ときには発達した前線の通過で強い風が吹いたり雨が降ったりします。
そうしながら徐々に季節が進んで行くというのは、日本の四季感に大きな影響を与えています。
そういうわけで、ちょうどいま、雨が降るような日が何日も続いています。
きっと数日もすればまた気持ちよく晴れるのでしょうが、個人的には雨というのは一日も降ってくれればじゅうぶんです。
毎日傘を持って会社に行くのも面倒だし、平日は壊滅的に洗濯ができません。
どちらかといえば晴れの日が歓迎されるのは、日本であれば、どこの地方でも同じでしょう。
そして、もう一つ雨はいやなものを運んできます。
これはそれほど一般的ではないかもしれませんが、私の場合、湿度が高くなると肌が痒くなるのです。
乾燥している日にカサカサするのとは違って、皮膚が蒸れるのに敏感なのかもしれません。
特に背中や首もとなんかがひどく、気を付けていないとがしがしと爪で掻いてしまっていたりするんですよね。
あまり雨が続いたりすると肌へのダメージが深刻なので、早くまた晴れて気持ち良い空気を感じたいものです。キレイモ ローン 手数料